読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワタシノート

仕事のこと、ワンコのこと、日々のこと。

#transmemo no. 1

Twitterで、たまにこのタグ付けて仕事中に気になったり後で調べようと思ったりした翻訳ネタをつぶやいています。まだあまりたまってない(そして、タグをいつも適当に付けてて、自分がどのタグでつぶやいたか分からなくなったりする... #transtipsといのもあったかも)けれど、忘れないうちにここにメモ的に書いておこうと思います。

 

第一弾は、"high level"です。

 

辞書をひくまでもなく「高レベル」、「高水準」、「上級」という訳語が浮かび、多くの場合はそう訳しておいて問題はないと思います。日本語で「ハイレベル」といっても、特に違和感はないでしょう。

 

私がひっかかったのは"high level overview"といった使い方です。これがさらっと「高レベルの概要」って訳されていたのですが...高いレベルの概要って何?それなら、低いレベルの概要ってのもあるの?そもそも概要なんだから、大まかな説明とかだいたいの内容ってことだよね?それにレベルがあるのか??などなど。

 

調べていくうちに、この"high level"は「高いところから見た」という意味に解釈すべきだと分かりました。高いビルの屋上から"overview"を眺めているようなイメージでしょうか。さらに大まかな概要、本当に本当に概要なんだよ(?)ということのようです。

 

特にこの点を強調する必要がなければ(そういうケースがほとんどですが)、「概要」と訳すようにしています。

 

と、この記事を書くために色々調べてたら、自分の昔のブログ記事に行きあたってしまった...私、同じことを書いてたのか。進歩ないし、それをすっかり忘れているという(汗)まぁ、せっかく書いたのでアップしておこう。